ブログ


転職に利くブログ

2017.3.16

いざ、転職サイトから応募をしようと探したら

結局、応募がなかなか出来ない、というあなたへ

 

30代以降の方の転職サポートをしていると、転職活動の最初の

悩みが実はこれなんです。

転職サイトを眺めて1時間経っても、結局、どこも

応募が出来ずに疲れただけ・・・

私の年齢で応募しても大丈夫か?

書かれている仕事がすべて経験有でないといけないのか?

口コミを読んだら、なんだか不安。

などが悩みどころなんですね。

 

この最初のハードルは実は下記の2つの軸を決めると

解決します。

 

1.求人内容のどこを見て切り分けるか

2.自分との合致度と条件の優先順位

 

このどちらもあいまいだと、毎日、転職サイトのサーフィン

になってしまうか、効率の悪い活動になるだけではなく

内定が出ても、ちっともうれしくなかったり、

焦って入社して失敗だった・・という事になりがちです。

 

では、1つ目の求人内容のどこを見るか、のポイントです。

 

ポイントは3つあります。

1.担当する仕事内容の70%は出来そうか?

  *90でも100でも無いですよ。7割程度でトライしましょう。

   未経験の業務が入社してから学べる事なら、躊躇せずに。

 

2.給与例に幅があるか?

 20代~30代~ など幅広く年齢よりも人物重視で採用を考えている

 場合は給与例の書き方が違います。

 例  ・月給19万~30万

    ・28歳 年収例 300万 / 35歳 年収例 450万

 

3.使われている写真が見るからに20代前半ばかりではないか?

  今の求人広告は原則は年齢や男女の制限をしてはいけない

  ため、(実際はあるのに)、求人広告でそれを読み手に判らせ

  ようとします。

  20代が欲しい、と思っていたら、同年代の若い人の集合写真

  が中心になります。

 

4.第二新卒/未経験歓迎を全部避けていないか?

  今は多くの求人にこの言葉がセットで書かれていますね。

  でも、これは人事の保険の時もあります。

  欲しいのは即戦力になる人だけれども、そういう人はなかなか

  応募してくれないかもしれない、、と思えば、誰も採用出来ない

  という結果にならないよう、応募のハードルを低くしようとする

  わけです。

  求人内容をちゃんと読むと、本当に第二新卒が一番欲しい

  人材なのかは、判ると思いますよ。

 

  

もうひとつとても大切な事があります。皆さん、案外と知りません。

 

5.新着の求人を狙う

  転職サイトの掲載期間は2週間から1か月。

  でも、その期間の応募をすべて待ってから面接をするわけではなく

  極端に言うと初日の応募者から、会いたいと思ったらすぐに面接に

  呼びます。

  10日以上も前の求人は、応募した段階ですでに最終選考にまで

  進んでいたり、内定が出て、サイトには載っているけれど実際は

  採用が終わっている場合もあるのです。

 

  また、最初はどんな方々が応募をしてくれるか判らないので

  書類選考は緩めです。

  でも選考が進んだ状態だと、すでに書類選考で通過したレベル

  より下の方を通過させることはなく、逆に見る目が厳しくなるわけ

  です。

 

転職活動は仕事と同じです。応募の量と質、そしてスピードが大切

なんですね。

では、明日は、2つ目の「自分軸」についてお伝えしますね。

 

2017.3.13

「みなし残業」が入っている給与の会社はブラックですか?

転職支援をしていると毎日のようにいろいろな質問があるのですが
最近すごく多い質問がこれです。
手当の名前は業務手当が多いのですが内容は月30時間だったり
40時間だったりのみなし残業というもの。
皆さん、揃って、こういう手当がある会社ってブラック企業なので
応募をしないほうが良いですよね?と聞いてきます。
質問をしてくるという事は、明確にブラックとまでは思っていないの
ですが、大きな勘違いをされています。
みなしとなっている●●時間は、残業をしなくてはならない義務に
なっている、と。
必ず●●時間の残業が義務付けられていたら、そりゃブラックです。
労基法に違反してますもの。
みなし残業とは、やってもやらなくても残業したとみなして、
支払われる手当の事。
よろしいですか? やっても、やらなくても、ですよ。
もちろん、めったに残業が無い定時でほとんどの社員が退社する
会社はわざわざこのような手当ては作らないので、残業が比較的
多い会社である事は間違いがないと思います。
でも、手当の目的は、皆さんが考えているものと真逆です。
皆さん、よーく考えてください。
やるべき仕事が同じAさん、Bさんがいるとして、効率よく工夫を
して短時間で仕上げるAさんと手際が悪くいつも残業になるBさん
がいた場合、残業代が出るBさんの給与が高いことに
違和感を感じませんか?
残業が多い人を評価する企業って、どうなんでしょうね?
上司が帰らないと、自分も帰らない人って見かけますよね?
残業には時期や仕事量により、仕方ない残業と、本人の原因に
よる残業と2種類ある事を皆さん思い出してくださいね。
また、就業時間内はゆっくりとしていて、定時後になぜか頑張り、
残業代を稼ぐ残念な人もいます。
残業代で稼いでもらうのではなく、あらかじめある程度の残業代を
支給する事により、効率よく早く帰る人に対してインセンティブの
一種として考えられた手当と言えます。
みなし残業は企業からすると、2つの目的があります。
ひとつは無駄な残業をせずに、効率よく業務を遂行する社員に
対して報い、残業を減らそうとする努力や工夫を会社は評価して
います、というメッセージ。
もうひとつは残業代は変動費なので、読めない経費を小さくしたい
という目的です。
従って、みなし残業がある企業がブラックなんてことは誤解です。
ただし、ひとつだけ注意
みなし残業を超えた時間外勤務に対してはきちんと支払われると
いう事が前提です。
越えた分はサービス残業という会社は、確かにブラックですね。

 


【ロゴについて】

 私たちは、就職及び転職の意欲のある方の支援をミッションとして活動をしております。しかし、けっして魔法(テクニック)を伝授して良しとするのが目的ではありません。

 転職を機会に本人が本来持っている力を引き出す事、気づいていない能力や強みを発見し、次のステップに踏み

 出す道を照らす事を常に考えています。

 ひとりひとりの道を照らす妖精のような存在でありたいと願い、法人名にもロゴにもエルフがおります。

 

 単に転職時のノウハウを伝えるのではなく、その後のビジネスでますます活躍するためのキャリア開発(Career development)

 を念頭においたカウンセリングや指導が目標です。